いつの間にかダイエット

青汁ダイエットはいつ飲むのが効果的?

青汁をいつ飲むのかは、その人の生活習慣や食生活の事情も関係しています。

朝飲む人にも色々なタイプがいます。
朝の目覚めの水分補給として飲むのに、青汁は理想的といえます。
何故なら、眠っている間に身体の中の水分は大きく失われているからです。
水分を補給するのに、青汁ほど栄養のバランスが良く身体に良い飲み物はありません。

また、朝からしっかりと食べて夕食は控えめにするという理想の食生活を送っている人にとっても、
青汁を飲んでからの朝食は満腹感が早くに感じられるようになります。
そこでもったいないとばかりに食べてしまわない様に、控えめの朝食を作っておくといいでしょう。

同じ朝食に飲むという場合でも、まったく食欲がないから朝はコーヒーだけという人がいます。
本当はこれは、青汁ダイエットをしている時にはあまりお勧めできません。
青汁ダイエットの基本は1日3食、きちんと摂ることだからです。
しかしどうしても食欲がない時には仕方がありませんので、青汁を飲むことで少しでも栄養を補給してください。

青汁ダイエットは置き換えダイエットではありません。
もし朝食代わりに青汁を飲み、それが1日2回、
青汁を飲むことができるタイプのものでしたら昼食前にも青汁を飲んでおきましょう。
昼食を必要以上に摂ることを抑えなければ、朝食の分の栄養素まで昼食から摂ろうとしてしまいます。
これでは青汁ダイエットにはなりません。

夕食をしっかりと多く食べるという一番多いタイプの人は、
夕食前に青汁を飲むことで早めに満腹感をもたらし、いつもよりは控えめな量で満足できます。
ゆっくり食べることによって消化にもいいですし、満腹感も一層増します。

朝食をしっかりと食べる人は動くことによってカロリーを消化しますが、
夕食後は何かしてもそれほどカロリーは減らないので気を付けましょう。

就寝前にケールの青汁を飲む人もいます。メラトニンが入っているために眠りやすくなるのです。
寝ている間に腸の蠕動運動を起こし、朝から便通がよくなります。

自分の生活習慣と青汁の規定量を組み合わせて、飲むようにしましょう。
Copyright(C) 長期的なダイエット All Rights Reserved.