いつの間にかダイエット

ケールの効果で太りにくい体づくり

青汁でケールといえば、真っ先に挙げられるほどに有名です。
ちなみに「不味い、もう一杯」のCMで有名なのはケールの青汁です。
そこから青汁は不味いもの、苦いものという印象がついてしまいました。

確かに、近頃では飲みやすく改良された青汁においても、
ケールの青汁に関しては一番飲みにくさを感じるという人が多いのです。

苦味の原因は加工方法にあります。
ケールの中に含まれている苦味成分である「スルフォラファン」という成分は、
刻んだりすり潰したりすることで増加していきます。
スルフォラファンはガン予防に効果があるとされていますので、取り除くのはもったいない成分なのです。

ケールは便秘解消の効果が高いと言われている青汁です。
ケールの豊富な食物繊維によって腸内の老廃物は排出され、
しかも体内の余分なコレステロールまで身体の外に排出してくれるという効果があります。
これによって他の栄養素は効率よく体内に吸収され、古い細胞が入れ替わることで新陳代謝を高めていきます。

また、ケールにはカリウムも豊富に含まれており、
新陳代謝の作用と共にむくみ解消やデトックス効果が期待されます。
それらは基礎代謝を上げていく効果もあり、太りにくく痩せやすい身体に変えていってくれるのです。
リバウンドしにくいというのも、大きな魅力でしょう。

そして、他の青汁にはあまりない成分として「メラトニン」が含まれています。
メラトニンというのは、いわゆる睡眠作用をもたらしてくれる成分で、
その効能によって質のいい睡眠をとることができます。

何故睡眠に良いのかと思われるかもしれませんが、
睡眠中は副交感神経が優位に働き、体内の活動もそれらが活発に働きます。
それは眠っている間に副交感神経が腸の蠕動運動を起こしてくれるからです。

実際に睡眠とダイエットも深く結びついていると言われています。
ただし、睡眠効果も期待してケールの青汁を飲むのならば、お茶類とブレンドされている商品は避けてください。
カフェインの効果が睡眠効果の邪魔になってしまいます。

こちらに青汁の商品別分析がされてますので、是非ご覧ください。

Copyright(C) 長期的なダイエット All Rights Reserved.