いつの間にかダイエット

青汁が運動中の代謝アップをお手伝い

青汁ダイエットにおいて食物繊維ばかりが注目されていますが、実はビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
これらの栄養素は、食物繊維よって動かされた腸より老廃物が排出されて空いた場所から吸収されていきます。

ビタミンとミネラルは酵素の働きを活発にする栄養素で、基礎代謝を上げるサポートをしてくれる働きがあります。
他にも、脂肪を燃やすビタミンB1やカルシウムなどによってダイエット効果は期待できますが、
ゆっくりと燃焼するのは確かです。

そこで、脂肪が燃えやすくなっている身体の状態で、運動を取りいれてみたとしたらどうなるでしょう。
基礎代謝が高まっている状態で運動をしますと、脂肪がエネルギーに変わりやすくなります。
エネルギーを燃やすのに運動は適任です。

確かに、生きているだけで基礎代謝は起こり、エネルギーは燃えています。
しかしそれは必要最低限の年少です。
青汁を飲んでいる身体はビタミンとミネラルの力でその効果を上げて、脂肪が燃えやすくなっています。
そんな中に運動を取りいれるのは、ダイエットにとってもプラスになります。
また青汁はアンチエイジングにも効果があるのです。

運動といっても運動不足の状態にいきなり激しい運動はよくありませんので、
お勧めは有酸素運動のウォーキングです。

あるサイトでは青汁ダイエットに運動を取りいれたら効果があると知った人が、
毎朝1時間のウォーキングを行っていたそうです。
ところがやがて早足になっていき、最終的にはジョギングをするようになっていったのです。

青汁の効果もあってか身体はすっきりと軽くなり、ダイエットに成功したのだそうですが、
今度は走らないことが苦痛になったため青汁とジョギングは今も続けており、
会社の健康診断でも異常なしを何年も続いているそうです。

青汁とジョギングの組み合わせによって基礎代謝が上がり、
ダイエット効果だけでなく免疫力も上がったおかげといえるようです。
これはあくまである個人の例であり、ここでジョギングを勧めているわけではありません。
自分のできる範囲での有酸素運動を取りいれてみてはいかがでしょう。
Copyright(C) 長期的なダイエット All Rights Reserved.