いつの間にかダイエット

青汁ダイエットのデメリット

青汁ダイエットをするには、毎日青汁を飲み続けることが必要です。
しかしながら、それがかなり難しいという人もいます。

まずは味覚の問題です。
どうしても粉っぽい感じがするとか、味が駄目と言う人もいます。
しかし、そういう人には錠剤タイプの青汁があります。
一瞬の我慢も生理的に無理というのでなければ、試してみてはいかがでしょう。

最近は青汁とは信じられない、全く青汁の味がしないという商品も多いのですが、
嫌いなものに対しての味覚は本当に鋭いものです。
いくら健康に良くてもダイエットになるといっても、
飲みこむたびに精神的なダメージを受けていてはストレスになります。

また、効果が現れるには時間がかかるということも挙げられます。
青汁ダイエットは体質から変えるといってもいいダイエット方法ですので、
運動したから痩せたとか、何をして痩せたという目に見える変化が分かりにくいと言えます。
青汁ダイエットには、そういう覚悟を持って挑むことが必要です。

また、体質的に他人よりもかなり時間がかかる人がいます。
効果がないとやけを起こして暴飲暴食をしたあげく、リバウンドが起こったということもあります。

青汁ダイエットはリバウンドが起こらないダイエットではなかったのかと言われれば、その通りです。
しかし体質が完全に変化していなく、新陳代謝や基礎代謝の活動が低い状態ではリバウンドは起こります。
青汁を飲んでいたら太らない、という痩せ薬ではないのです。

そして、ある意味では価格の問題もあります。
青汁は本当に安いものは30袋入って1000円もしないものがありますが、
栄養成分の表記はどうなっているのでしょう。

残念ながらダイエット効果を青汁に求めたいのでしたら、最低でも食物繊維が豊富な青汁でないといけません。
それらのチェックをしますと、やはり価格は3000円前後のものになってしまうのです。

そして、何よりもダイエットとしてデトックス効果もあるのですから、
無農薬の有機栽培の青汁で身体の中から綺麗に痩せたいものです。
しっかりと原材料や成分表示を調べて、飲みやすく身体に害のない、中身のある青汁を見つけましょう。
また青汁の過剰摂取もデメリットになることがありますので、注意が必要です。
Copyright(C) 長期的なダイエット All Rights Reserved.