いつの間にかダイエット

青汁飲んでカロリー消費のお手伝い

青汁ダイエットで青汁を飲むことで、食物繊維が腸を動かし老廃物を排除します。
便通が良くなり、また新たに食べ物を摂り排出を繰り返すことで、新陳代謝が高まっていくのです。

新陳代謝が高まることによって痩せやすく太りにくい身体を作り、またカロリーの消費率が高くなります。
同じ動きをしても身体の中で消費するエネルギーが大きければ、ダイエットに大きく貢献してくれます。

わざわざオーバーなアクションを取る必要はありませんが、
運動まではいかなくてもなるべくこまめに身体を動かしましょう。
もちろん、運動もカロリーを消費するためには大いに役にたつでしょう。

そんな時間がないという人には、生活の中での何気ない動きでカロリーを使うようにしましょう。
例えば日常生活において、カロリーの消費が高いのは階段の昇り降りになります。
2階建ての家に住んでいる人はこまめに用事を作って階段の昇り降りをしてもいいですし、
マンションなどに住んでいる人も2、3階分は階段を使うようにしてはいかがでしょう。

会社などでも仕事にさわりのない程度でしたら、有効な行動と言えるでしょう。
ちなみにカロリーを使うのは降りる時よりも昇る時のようです。

運動をしてカロリーを消費したい場合、一番消費されるのは水泳で、しかもクロールです。
平泳ぎなど、他の泳ぎ方よりもカロリーが消費されます。
激しいダンスやジョギングの倍以上カロリーが消費されるというのですから、驚きです。

だからといって、毎日水泳をできるとは限りませんので、
日常的にできる運動の中でカロリー消費が高いのは、やはりジョギングになります。

何よりも代謝によるカロリー消費の割合は、年を重ねるごとに落ちていきます。
青汁による新陳代謝を上げて、基礎代謝を向上させる効果は、
年齢による衰えをカバーしてくれるという効果もあります。

カロリーが消費しやすい身体になるということはその分痩せやすくなり、
太りにくい身体を作るのを助けてくれるといえるでしょう。

最近では青汁パスタが登場していますので、料理に使うのもよいと思います。
Copyright(C) 長期的なダイエット All Rights Reserved.